FC2ブログ

孫娘の肖像3-20

IMG_20200705_0001色調・縮小
画像1 (A4号、カラーコピー+アキーラ、コピー用紙、2020)

IMG_20200702_0001色調・縮小
画像2 (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2020)

画像2の絵をカラーコピーし、画像1のようにカラーコピーにアキーラで虹を描いた。虹を描いた理由は下記の2つだ。

①この絵は画像2のようにほぼ左右対称であるが、見る人の視線を中心から絵全体をぐるっと回るように誘導するには、虹があったほうがいいと思った。

➁英国の人気女性画家サム・トフトの絵「虹に向かって」に影響された。「虹に向かって」は、2人+1匹(犬)の乗る自転車が、虹の下を走る絵であって、背景は黄土色一色である。背景が黄土色一色であるである点が、画像2の絵に似ていたからだ。
スポンサーサイト



孫娘の肖像3-19

IMG_20200703_0001縮小
画像1 (A4号、カラーコピー+アキーラ、コピー用紙、2020)

IMG_20200702_0001色調・縮小
画像2 (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2020)

相変わらず、床、空等の空間が決まらない。

とりあえず、上半分の彩度を下げた(画像2)。

カラーコピーに床をグレー、空をブルーにした絵を作成した(画像1)。

床はグレーぽくしたほうが、孫娘のピンクの服が映えて良いかもしれない。


孫娘の肖像3-18

IMG_20200620_0001色調・縮小
(A4号、アキーラ、クレスタ紙、2020)

祖母の持つ植木鉢を黒色にし、スコップを少し大きくした。

また、ほうき、くまで、祖母の顔、等を描き込みした。 

孫娘の肖像3-17

IMG_20200619_0001色調・縮小
(A4号、アキーラ、クレスタ紙、2020)

久々に絵画に戻った。今日は帽子を修正した。

今日の蛍

(この自然公園は崖線下にあるため湧水が豊富で、湧水を貯える4つの池がある。4つの池は水路で結ばれている。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。このうち、大池が最も大きい。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモは、これらの池を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、大池まで約50mほどだ。また、水路でつながっていないが、あずまや池から道路を挟んで約350mほど西に、清水谷池がある。

この自然公園には湧水地は6箇所ある。西から、あずまや池に流れ込む湧水地A、あずまや池とわきみず池の中間地点にある湧水地B、わきみず池に流れ込む湧水地C、大池の上流側の湧水地D、大池に流れ込む湧水地E、大池の下流側の湧水地F、の6箇所である。蛍はこれらの湧水地で発生するが、蛍が大量発生する湧水地は年毎に変わる。2017年は湧水地D、2018年と2019年は湧水地Fで大量発生した。今年は湧水地Bで大量発生するかもしれない。)

2020.6.11~6.14
 
雨。夜9時ごろ、湧水地B(写真1)で2匹ほど確認。

2020.6.15

雨後。夜9時ごろ、湧水地Bで5、6匹ほど確認。

2020.6.16

晴天。夜9時ごろ、湧水地Bで7、8匹ほど確認。

            写真1
IMG_6873縮小