FC2ブログ

ブログ開設以前に描いた絵「思い出」


  昔の絵を整理していたら、2000年頃に透明水彩のドライブラシで描いた絵を発見した。懐かしい絵だ。タイトルは「思い出」だろう。

       (F10号、透明水彩(ドライブラシ)、クレスタ紙、2000年頃)
     IMG_1630


スポンサーサイト



メランコリアⅡ(小)(メランコリアⅡ(小)-7)

  A3号の「メランコリアⅡ(中)」(2段目の写真)からA4号の「メランコリアⅡ(小)」への縮小模写を進め、最後の調整として火災シーンと主役女子の座を少し修正した。これで、「メランコリアⅡ(小)」(1段目の写真)を完成とする。参考に「メランコリアⅡ(大)」も掲載する(3段目の写真)。

  メランコリアⅡ(小)(A4号、アキーラ、クレスタ紙、2016)            
           IMPG9131



  メランコリアⅡ(中)(A3号、アキーラ、ワトソン紙、2014)
           IMPG8662



  メランコリアⅡ(大)(F20号、アキーラ、ワトソン紙、2014)
           IMPG6408


メランコリアⅢ(小)(メランコリアⅢ(小)-13)

  人物が汚れないように陰影を付与するのは本当に難しく、大の苦手だ。しかし、窓辺で逆光なので、一応人物に多少の陰影をつけた。衣装の青の問題は、相変わらず解決していないが、この絵は、とりあえず完成とする。この絵は、全国公募第5回アートイマジン芸術小品展(部屋向き作品展示)に出品する予定であるが、この展覧会は2点出品できるので、12月上旬までに、A4サイズでもう1点制作する予定だ。

         (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2016)            
           IMPG8723


デッサン会の絵ー123(27人目)

  首が太すぎたので、少し細くした(というか、背景を描く前の元の状態に戻した)。これで、この絵は完成とする。

  会社の創立30周年を記念して社内の各種サークルが、順次、展示会を開く。美術サークルも展示会を開くので、この絵を出品する。
  
           (A3号、アキーラ、ワトソン紙、2015)            
           IMPG5424


女子会・猫カフェー11

  この絵を拡大して、F20号版の絵を制作する予定なので、この絵は、一旦、完成とする。

コメント:  この絵は、構図的にはQ字形・曼荼羅的。黒猫はマネのオランピア、しがみつく猫はバルチュス、飛び猫は藤田嗣治、からの、発想だ。抱っこ猫は誰からでもない。構図がQ字形・曼荼羅的なので、床は不要で、全て同色系の背景のほうが良いかもしれない・・・・F20号版で検討する。
  
          (A3号、アキーラ、ワトソン紙、2015)            
           IMPG5340


女子会・ペット(小)-21

  前面の女子の胸が出っ張りすぎているので、修正した。女子会・ペット(大)も同様に修正する予定。

           (A3号、アキーラ、ワトソン紙、2014)            
          IMPG0700                       


メランコリアⅡ(中)(メランコリア(仮題)-8)

  やっと完成だ。タイトルは仮題をとり、「メランコリアⅡ(中)」とする。

参考画像:自分のための制作ログ(記録)として、制作上参考にした画像を記載する:
 ・デューラー「メランコリア」:メランコリーな天使、壁に腰かけたキュービット、眠る犬、虹、夕                  日、建物等、更に全体の構図。
 ・ボス「聖アントニウスの誘惑(中央パネル)」:中央の塔を挟んだ左側の大火、右側の晴天等、更に                         全体の構図。
 ・藪野健「6月7日の丘」:中央の女性、更に全体の構図。
 ・朝日新聞(2013年5月22日)の報道写真「竜巻が直撃したブライアーウッド小学校(米国)で被災し        た教師や児童」:少女を抱く男性。
 ・不思議の国のアリス「アリスと黒猫のキティ」:ソファーに横たわり、子猫と遊ぶアリスの画像。


           (A3号、アキーラ、ワトソン紙、2014)
           IMPG8662

 

デッサン会の絵-80(28人目)

   今日(4/12)、会社の土曜日デッサン会に参加した。モデルは、某女子美の3年の学生さんだった。かわいらしい女子でした。後で、デッサンの顔が、今話題の小保方晴子さんに似ているかなと思った。毎日、TVで見ているので、潜在意識が絵に現れたのかもしれない・・・。よく、女性の絵は、女房に似てくるというから・・・・。

           (A3号、アキーラ、ワトソン紙、2014)            
           IMPG9748


デッサン会の絵ー73(22人目)

  背景を、ブルーとピンクで上下に2分するバージョンを作成した。前バージョンと比べて、こちらのほうがシンプルでナチュラル、かつ統一感があるので、これで完成とする。

           (A3号、アキーラ、ワトソン紙、2014)
           IMPG8666

 

マンドリンを弾く女-8

  「マンドリンを弾く女」の太ももを太くし、スカートの垂れ下がりを大きくした。これで完成だ。

      マンドリンを弾く女(A2、アキーラ+コラージュ、クレスタ紙、2012) 
      (IMGP6926)


デッサン会の絵-49(13人目)

   10歳若いモナリザの絵「アイルワースのモナリザ」が、ダビンチ作の第2の「モナリザ」と認定されたと、TVニュースが報道していた。さて「僕のモナリザ2」であるが、その髪形を修正し、デッサンしたときの髪形に戻した。このほうがリアルであるが、絵としては前のほうが良いかも。自信がない、また前の絵に戻すかも??

           (A2、アキーラ+コラージュ、クレスタ紙、2012)
           (IMGP6080)               


デッサン会の絵-38(9人目)

  右腕を少し細くした。顔を小向美奈子風にしたことで、この絵のタイトルは「バイオリンを弾く女神」としてもよいことに気づいた。

  小向美奈子は、男にとっては、ある意味で女神(天女、観音様、・・)なのかもしれない。つまり、この絵は、

    バイオリンを弾く女→→→女神(小向美奈子)→→→ボッティチェリの春(プリマベーラ)

の連想を表出しているのかもしれない。こじ付けかもしれないが、この絵からなぜプリマベーラを連想したのかが、少し理解できた。

                  バイオリンを弾く女(A3、アキーラ、ワトソン紙、2012)                                     (IMG_3600)


ポピー(水彩画)

  2000年に昭和記念公園主催スケッチ大会でホルベイン工業賞をいただいたアイスランドポピーの水彩画をアップします。小さな大会ですが、初めて賞をとり、とても嬉しかったのをおぼぺています。

                「アイスランドポピー」(F8号、水彩、クレスタ紙、2000)


僕の絵:10月の水路

  前回アップした「5月の水路」と同じ場所を、別の年月にスケッチした水彩画です。まだ、透明水彩・淡彩画にこだわっていた頃の絵です。

                     10月の水路(F6号、水彩、キャンソンファインフェース、1997年)


僕の絵:冬支度①

 2年前の絵ですが、顔が気に入らなかったので、ブログにアップするために、この2、3日で顔だけを描き直しました。おかげで、どうにかアップできるレベルになったと思います。人物画は本当に顔の表現が重要な要素だと思いました。
 もう少し手直しして完成させる予定ですので、もう一度アップするかもしれません。

                 冬支度(F10号、混合(アクリル+水彩)、クレスタ紙、2009年)


僕の絵:水彩画

  下記の絵は昭和記念公園のサルビア畑の水彩画です。なお、2001年当時はサルビア畑がありましたが、現在はありません。
  この絵が、今年掲載する最後の絵です。ブログを10月に始めて感じるのは、描き溜めた絵は多いのに、掲載できるレベルの絵は少ないという事でした。描きなぐりの絵ばかりでした。ブログを始めなければ、気づかなかったでしょう。ありがたい事です。
  お気に入りに登録していたspace f40さんが、諸般の事情で今日ブログを閉鎖するという事でした。1ヶ月に1度のアップでもいいから続けて欲しかったと思います。人それぞれの頻度でアップすればいいと思います。         では来年もよろしく。

          サルビア咲く公園(F10号、水彩(ドライブラシ併用)、クレスタ紙、2001年)


僕の絵:水彩画

   全日本アートサロン絵画大賞展に窓辺Ⅱが入選しました。窓辺Ⅰは落選でした。窓辺Ⅰのほうが自信があったのに落選とはーーー。下の絵は2年前の高幡不動の不動堂(現在は新築中)の水彩画です。

                 紫陽花咲く不動堂(F4号、水彩画、クレスタ紙、2008年)


僕の絵:昔の水彩画(ドライブラシ)②

   [タイトル未定」(F10号、水彩(ドライブラシ)、クレスタ紙、2000年頃)


僕の絵:昔の水彩画(ドライブラシ)

今日から暫くの間、昔描いた絵をアップします。描いた絵のストックは多いのですが、ブログにアップできるレベルの絵は少ないというのが実感です。これから製作する絵は、せいぜいこのブログにアップできる絵のレベルまで質を高めようと反省!!!!。

              タイトル未定(F10号、水彩(ドライブラシ)、クレスタ紙、2000年頃)


僕の絵:おぼろ月

久しぶりの風景画です。近くの不動尊の五重塔です。

                      「おぼろ月」(F10号、アクリル、紙、2010年)



せっかく夏休みを2日とりましたが、暑さで絵を描く気分になりません。芸術の秋にはもう1週間?? 今日の朝日新聞には昭和記念公園の満開のコスモスの写真が載っていました。去年の同じ頃にはコスモスを見に行きましたが、今年、その気にもなりません。1年前とは雲泥の差!!

僕の絵:水彩画

10年頃前に描いた水彩画です。ウェット・オン・ドライブラシを繰返して、本当に丁寧に仕上げました。2度とこのような絵は描けないと思います。

              「麦藁帽子の少女」(F10号、透明水彩、クレスター紙、2000年)


僕の絵:原点回帰

僕が30才頃描いた小さな絵です。
                   「海辺にて」(F3号、油彩、キャンバス、1978年)





小さな絵ですが、僕の絵の原点です。何を描いても気分は、この絵に回帰しているようです。
(一種の成功体験と思いますが。)
多分、一生こんな絵を描いていくのでしょう。

皆さんはいかがでしょうか?