FC2ブログ

デッサン会の絵(68人目)

IMG_5794縮小明
   (F6号、鉛筆、ドローイング用紙、2019)  

IMG_5801縮小明
   (F6号、鉛筆、クロッキー用紙、2019)  

  10月17日に人物画研究会パピエ・ブランのクロッキー会(着衣)に参加した。10分クロッキーと20分クロッキーをミックスして行われたが、いずれセッションでも完成までいかなかった。比較的ましに思える2枚の絵を上記に掲載した。

  どちらも絵も寸法の配分がいい加減で、漫画チックだ。むしろ、これらの絵のいい点は漫画チックなことだろう。

スポンサーサイト



デッサン会の絵(67人目)

IMG_5231明縮小
(F10号、鉛筆、クレスタ紙、2019)
 
  8月11日に、人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(この日は着衣固定モデル)に参加した。

  モデルさんの顔のデッサンが難しくて非常に手間取ったため、彩色まで行かなかった。

デッサン会の絵(66人目)

IMG_5236明縮小
  (F6号、鉛筆+オイルクレヨン、クロッキー用紙、2019)  

  7月11日に人物画研究会パピエ・ブランのクロッキー会(着衣)に参加した。10分クロッキーと20分クロッキーをミックスして行ったが、相変わらず遅く、10分クロッキーは全て未完成だった。20分クロッキーも満足できるものはなかったが、その中で比較的いいと思う1枚の絵を上記に掲載した。

  なお、ダイソーの24色オイルクレヨン(108円)で彩色した。

続きを読む

デッサン会の絵(65人目)

IMG_5014縮小

(F10号、アキーラ、クレスタ紙、2019)
 
  7月4日に、人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(この日は着衣固定モデル)に参加した。モデルは、某声優事務所に所属する若くてかわいらしい女子であった。

  デッサン時間は3時間半であるが、デッサンが遅いので、いつもは鉛筆デッサンの段階で終わって、彩色まで行けない。

  先日のクロッキー会で、「人物クロッキーでは、顔(頭部)の形が決まれば、残りの部分は自然とスムースに描けること、そして、10分クロッキーでは、あせりから、顔の形をおろそかにして(形がが決まらないうちに)、残りの部分に着手するので、失敗するのだろう。」ということに気づいた。そこで、今回は、デッサンのスピードアップのために、最初に顔をしっかりデッサンすることを心かけた。

  彩色は、カマイユ(茶と白で彩色する単色画)技法で行うことにした。

  以上の結果、今回はなんとか、カマイユ画まで作成できた。

  (固有色による彩色は、カマイユ画にグレイズ(おつゆ描き)で行う予定だ。固有色による彩色する時には、パピエ・ブランのブログに載っている会員仲間の絵を参考にする予定だ。この人物画研究会では、毎回(デッサン会終了後に)、ブログに会員の絵を載せるのでとても勉強になる。おかげで、彩色は、他の会員の絵を参考に、帰宅後に行える。また、会員には人物画の上手い人が大勢いて、とても勉強になる・・・特にうまい人の背後でデッサンする場合・・・。)



デッサン会の絵(64人目)

  6月20日に人物画研究会パピエ・ブランのクロッキー会(着衣)に参加した。10分クロッキーと20分クロッキーをミックスして行った。10分クロッキーはうまくいかなかったので、20分クロッキーでの絵の中で比較的いいと思う2枚の絵を下記に掲載した。

  今日のクロッキー会で、「クロッキーでは、顔(頭部)の形が決まれば、残りの部分は自然とスムースに描けること」に気づいた。10分クロッキーでは、あせりから、顔の形をおろそかにして(形がが決まらないうちに)、残りの部分に着手するので、失敗するのだろう。そして、20分クロッキーでは、顔の形を決める余裕があるので、うまくいくのであろう。ということは、10分クロッキーでも、先ず顔をしっかり早く描くことができれば、うまくいくのだろう。その訓練すればいいのだ。急がば回れだ。

  なお、ダイソーの24色オイルクレヨン(108円)で彩色した。

   (F6号、鉛筆+オイルクレヨン、クロッキー用紙、2019)  
IMG_4794縮小明

   (F6号、鉛筆+オイルクレヨン、ドローイング用紙、2019)  
IMG_4779縮小明
 

デッサン会の絵(63人目)-1

IMG_4554縮小
(F10号、鉛筆、クレスタ紙、2019)
 
  5月30日に、人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(この日は着衣固定モデル)に参加した。ドレスを着た、とても美人のモデルさんだった。3時間あるのに・・・いつもの通り・・・、他の会員は彩色まで終了したのに、自分は彩色までいかなかった。

  (今後、彩色する時には、パピエ・ブランのブログに載っている会員仲間の絵を参考にする予定だ。この人物画研究会では、毎回(デッサン会終了後に)、ブログに会員の絵を載せるのでとても勉強になる。おかげで、彩色は、他の会員の絵を参考に、帰宅後に行える。また、会員には人物画の上手い人が大勢いて、とても勉強になる・・・特にうまい人の背後でデッサンする場合・・・。)
  


デッサン会の絵(62人目)


  4月18日に人物画研究会パピエ・ブランのクロッキー会(着衣)に参加した。モデルは、元セツのモデルさんで、若くてきれいでスマート。一言でいえば、魅力的女性。10分、20分の2つのモードでクロッキーした。

       (F6号、耐水性ペン、クロッキー用紙、2019)  
IMG_4330明
       (F6号、耐水性ペン、クロッキー用紙、2019)  
IMG_4335明

デッサン会の絵(61人目)-1


    3月14日に人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(着衣固定)に参加した。デッサンが遅いので、いつもの通りA4号にした。デッサンに基づくタブロー化の構想にはA4号でも十分だ。

  fc2へ引っ越したが、fc2からはいろいろなブログに簡単に引っ越し可能なので、まだ迷っている。

  Amebaブログは、フォロー、お気に入り等が簡単にでき、画像一覧もあり、一応、イラスト・アート・デザインの新着記事一覧も見れる点ではfc2よりもいい。但し、絵画だけの新着記事一覧は見れない。また、イラスト・アート・デザインの新着記事一覧を見ると、ほとんどがイラストや漫画の記事で、絵画の記事はほんのわずかだ。

  更に、fc2ではフォローしたい自分好みの画家を2、3人発見したが、Abemaでは未だ自分好みの画家を発見していない。

  絵画だけの新着記事一覧 が見れるのは、Yahooブログとgooブログだけではないか???

       (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2019) IMG_20190315_0001_convert_20190315015110.jpg

デッサン会の絵(60人目)-1


  2月7日に人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(着衣固定)に参加した。いつもは、F10号用いていたが、今日はA4号にした。

  デッサンが遅いので、F10号だと彩色までいかないので、A4号にした。また、もっと大きいサイズの絵にタブロー化するために構想を練るのはA4号でも十分なのだ。

       (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2019)  


デッサン会の絵(59人目)-1


  1月24日に人物画研究会パピエ・ブランのクロッキー会に参加した。

     「クロッキー1」


デッサン会の絵(58人目)-1


  1月10日に人物画研究会パピエ・ブランのクロッキー会に参加した。クロッキーは10年(?)ぶりだ。モデルは、ロングブーツを履いた、スマートな美人だ。しかし、鉛筆が追い付かない。

     「クロッキー1」


     「クロッキー2」        


デッサン会の絵(57人目)-1


  12月13日に、人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(この日は着衣固定モデル)に参加した。モデルさんは、某女優さん(TVドラマでよく見るが名前は知らない)に似た美人。3時間あるのに・・・いつもの通り・・・、他の会員は彩色まで終了したのに、僕は彩色までいかなかった。

  写真1は自宅でアキーラによる修正後の絵、写真2は修正前(デッサン会終了時点)の水彩による絵である。パピエ・ブランのブログにアップされた他の会員の絵を参考に苦労してアキーラで修正することにより、写真2の絵を写真1の絵に仕上げた。

  いまになって気づいたが、修正しないほうがおもしろい絵だった。いつもそう思う。人はなぜ修正するのか???また、唇が少し上付きすぎる気がするが、モデルさんの特徴なのかも????

  (今後、彩色する時には、パピエ・ブランのブログに載っている会員仲間の絵を参考にする予定だ。この人物画研究会では、毎回(デッサン会終了後に)、ブログに会員の絵を載せるのでとても勉強になる。おかげで、彩色は帰宅後に行える。また、会員には人物画の上手い人が大勢いて、とても勉強になる・・・特にうまい人の背後でデッサンする場合・・・。)

(F10号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2018)
     写真1 修正後の絵  


     写真2 修正前の絵


デッサン会の絵(56人目)-1


  11月15日に、3~4カ月ぶりに、人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(この日は着衣固定モデル)に参加した。モデルさんは、女優の山口紗弥加さんに似た美人。3時間あるのに・・・いつもの通り・・・、他の会員は彩色まで終了したのに、僕は彩色までいかなかった。

  写真1は自宅で修正後の絵、写真2は修正前(デッサン会終了時点)の絵である。パピエ・ブランのブログにアップされた他の会員の絵を参考に苦労して修正することにより、写真2の絵を写真1の絵に仕上げた。

  いまになって気づいたが、修正しないほうがおもしろい絵だった。いつもそう思う。人はなぜ修正するのか???

  (今後、彩色する時には、パピエ・ブランのブログに載っている会員仲間の絵を参考にする予定だ。この人物画研究会では、毎回(デッサン会終了後に)、ブログに会員の絵を載せるのでとても勉強になる。おかげで、彩色は帰宅後に行える。また、会員には人物画の上手い人が大勢いて、とても勉強になる・・・特にうまい人の背後でデッサンする場合・・・。)

       (F10号、鉛筆+アキーラ、クレスタ紙、2018)
     写真1 修正後の絵  



     写真2 修正前の絵


デッサン会の絵(55人目)-1


  4月12日に人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(着衣固定)に参加した。モデルはバレー衣装を着た女子だった。他の会員は彩色まで終了したのに、私は彩色までいかなかった。いつもの通りだ・・・。写真1は自宅で修正後の絵、写真2は修正前(デッサン会終了時点)の絵である。

  (今後、彩色する時には、某人物画研究会のブログに載っている会員仲間の絵を参考にする予定だ。この人物画研究会では、毎回(デッサン会終了後に)、ブログに会員の絵を載せるのでとても勉強になる。おかげで、彩色は帰宅後に行える。また、会員には人物画の上手い人が大勢いて、とても勉強になる・・・特にうまい人の背後でデッサンする場合・・・。)

       (F10号、鉛筆、クレスタ紙、2018)
     写真1 修正後の絵  


     写真2 修正前の絵


デッサン会の絵(54人目)-1


  3/1(木)に人物画研究会パピエ・ブランのデッサン会(着衣固定)に参加した。モデルは、ミニハープ奏者であった。ハープとモデルさんの位置関係が難しく、2時間のデッサンでも彩色まで到達しなかった。そのうち、彩色する予定。

  写真1は自宅で修正後の絵、写真2は修正前(デッサン会終了時点)の絵である。

  修正には、ネットで検索した、よく似たポーズのミニハープ奏者の画像を参考にした。今後の彩色では、某人物画研究会のデッサン会のブログに載っている会員仲間の絵を参考にする予定だ。

  この人物画研究会では、毎回(デッサン会終了後に)、ブログに会員の絵を載せるのでとても勉強になる。おかげで、彩色は帰宅後に行える。また、会員には人物画の上手い人が大勢いて、とても勉強になる。

             (F10号、鉛筆、クレスタ紙、2018) 
       写真1  修正後の絵      


       写真2  修正前の絵     


デッサン会の絵(53人目)-1


  2/8(木)に人物画研究会パピエ・ブランに入会し、その日のデッサン会(着衣固定)に参加した。デッサン会に参加するのは1年ぶりかもしれない。

  最近は、2次元の仮想モデル(ネット画像等)から2次元へのデッサンしかしていないから、3次元のリアルモデルから2次元へのデッサンは難しかったが、新鮮だった。たまにはいいなと思う。そのうち、彩色しようと思う。

       (F10号、鉛筆、クレスタ紙、2018)