FC2ブログ

猫カフェⅢ(猫カフェⅢ-19)

IMG_5985縮小明1
(F20号、アキーラ、ワトソン紙、2019)

  猫のひげを描き忘れたので追加した。また、後方女子の顔を修正した。これで、この絵は完成とする。
スポンサーサイト



アリスとその姉(大)(アリスとその姉(大)-42)

IMG_5961縮小明1
(F20号、アキーラ、ワトソン紙、2019)

  猫のひげを描き忘れたので追加した。また、メリハリをつけるため、姉の鼻の影を少し長くした。これで、この絵は完成とする。

女子会Ⅰ{女子会(ミューズの集い)-22}


  完成と思ったが、マンドリンとバイオリンが未完成だったので、バイオリンと2つのマンドリンを修正した。これで、この絵は作品として、完成とする。タイトルは「女子会Ⅰ」。

      (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2018)
       IMG_3419


アリスとその姉-13(デッサン会の絵(53人目)-22)


  火災の炎を1つ追加した。また、背景の空色を少し濃くした。

  これまで、中心の人物画(デッサン会の絵(53人目))はそのままにして、その背景を下記の池平メソッドに従って描いてきたが、修正すべきものが見当らないので、この絵はとりあえず完成とする。
    https://blogs.yahoo.co.jp/betterhalf20012001/folder/1603509.html
     https://blogs.yahoo.co.jp/betterhalf20012001/67980359.html

  「お月さんのうさぎがついてるのはブタさんのお腹?ですか?」という質問がよくあるので、
説明する。

  物語「不思議の国のアリス」において、白ウサギはアリスを怖がって逃げ回っていますが、
白ウサギと子豚が出会う場面は、物語の中にはありません。しかし、この絵では、
伯爵夫人が虐待でアリスに投げつけた人間の赤ちゃん(実は子豚で、後に子豚に変身)を愛おしく
抱くアリスを白ウサギが、盗み見て、お餅のような子豚を杵で突くことによって、白ウサギがアリスの身代わりに復讐する・・・という筋書きを想定した。

  絵の中の猫は、アリスの「飼い猫のダイナ」である。アリスは、ダイナがネズミも鳥も食べてしまうと他の動物たちに自慢する。また、絵の中のトカゲは、白ウサギの手下で、アリスを追い出すように命令された「トカゲのビル」だ。

  なお、この絵は童画として描いたが、このような童画をもう少し描き貯めたら、「越後湯沢全国童画展」に応募しようと思う。この美術展は、サイズがF10号に限定しているので、F10号で描いておけば、そのまま応募できる。但し、入選作品のレベルは相当高く、現状では入選は無理だ・・・。

      (F10号、アキーラ、クレスタ紙、2018)
       IMG_3110


メランコリアⅣ(大)(メランコリアⅣ(大)-19)


  もう少し様子を見ようと思っていたが、一応当初のイメージを実現できたので、とりあえず完成とする。実は、これ以上制作を進める自信がないのだ。これ以上進めて絵を壊すのが怖いのだ。

  この絵にはオブジェ(事物)の追加・削除はもう必要ないと思うが、これ以上進めるのは当初のイメージを強めるための色彩やマチエール(厚塗り)等に対する作業になるだろうが、それはかなり難しい作業なのだ。そんな自信はない。進むも才能、退くも才能だ。最初から厚塗りにしておけばこんなジレンマはないだろう(この絵は、元々は透明水彩のドライブラシで、その上にアキーラで描いたので、薄塗は仕方ないこかもしれない)。

  今後、修正するなら、市美術展終了後でよい。

  それよりも、新作の制作だ!!!

          (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2018)
           IMG_2041


メランコリアⅡ(大)(メランコリアⅡ(大)-23)


  被災母娘、等の細部を調整をした。また、ボッシュの「聖アントニウスの誘惑(中央パネル)
」を模して下水溝/排水溝を追加した。

  この「メランコリアⅡ(大)」は、メランコリアⅢ(大)」とともに、公募展に10月末に出品するので、これで完成とする。    
    
         (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2017)            
           IMG_1325


メランコリアⅢ(大)(メランコリアⅢ(大)-26)


  デューラーのメランコリアに倣って、彗星(あるいはICBM)を追加した。更に、ヤモリを追加した。これで、この絵は完成とする。

  全日本アートサロン絵画大賞展にはもう一点、メランコリアⅡ(大)を同時に出品するために、この後、メランコリアⅡ(大)も修正する。メランコリアⅡ(大)は、一昨年、自由表現部門に出品して落選したので、未発表作品である。ましてや、今回は写実表現部門に2点出品するので、まったく問題ない。     
         (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2017)            
           IMG_1249


猫カフェⅠ(女子会・ペット(大)-30)

  前方女子の両脚とドレスの裾を少し修正した。これで完成とする。やれやれ・・・。

                  (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2016)
                   IMG_1554


猫カフェⅡ(女子会・猫カフェ(大)-22)

  絵は修正していないが、デジカメの記録サイズをこれまでの640から7Mに変更した。これにより、トリミング後の画像の大きさは、480×600画素程度から2200×2700画素程度に向上する。今後は、デジカメの記録サイズを7Mとする。

  これに伴い、画像のカラー印刷を、自宅のインクジェットプリンタからコンビニのマルチコピー機(USBメモリを用いた普通紙プリント)に切り換えた。基本的に、A4普通紙に、完成画はカラー印刷、制作途中画はモノクロ印刷としている。モノクロ印刷は自宅のレーザプリンタだ。

  マルチコピー機ではA4普通紙プリントに50円/枚かかるが、メンテナンス・コストがゼロであることを考えると、インクジェットプリンタの運用コストより割安と思う。(周知のように、インクジェットプリンタのメンテナンスは大変であり、非常にストレスが大きい。)また、インクジェットプリンタではインクコストを考えてA4普通紙の全画面印刷をしたことがなかったが、マルチコピー機では画像の大きさにかかわらず均一50円/枚であり、全画面印刷が普通である。しかも自宅のインクジェットよりも格段に画質が良い。

                  (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2016)
                   IMGP6267


女子会Ⅱ(休息(仮)-35)

  社内美術展で感じた欠点(例えば前面女子の右前腕等)を少し修正した。これで、本当の完成だ。やっと、新作に着手できる。・・・・やれやれ。

                  (F20号、アキーラ+コラージュ、ワトソン紙、2015)
                   IMGP6377


メランコリアⅠ(猫を助けた日-16)

  背景に炎を追加し、炎上する様子を強調した。これで「猫を助けた日」が完成した。

(既に言ったように、本画はヒエロニムス・ボスの「聖アントニウスの誘惑(中央パネル)」の構図を参考にしている。炎の様子もボスの絵を参考にして追加した。)

        (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2012)
            IMGP6419                


猫を抱く少女(猫を抱く少女-14)

  某公募展出品のために「猫を抱く少女」を少し(首、上唇、顎、上着のほんの一部)修正した。
 
             (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2012)
              IMGP6438  


入り江にて(入江にて(製作中③))

  顔と背景を少し修正。「入江にて」を一応完成とします。 

            (F20号、水彩+アキーラ、クレスタ紙、2011)
               IMGP6453


            

窓辺

 前回掲載した窓辺Ⅰと同様に、以前掲載した絵の背景に気球と雲を追加して少しにぎやかにしました。

                (F20号、アキーラ、クレスタ紙、2010)
                 IMGP6484