FC2ブログ

デッサン会の絵-42(13人目)

   一応、背景の空を描いた。背後の山並みや蝶が飛ぶ夏の夕昏はこれからだ。「妖かわ」な少女のイメージもこらからだ。

                            (A2、アキーラ、クレスタ紙、2012)                           (IMGP5758)


スポンサーサイト



デッサン会の絵-41(13人目)

   このデッサンをタブロー(完成画)にするつもりで、背景を塗り始めた。完成画のイメージは、先に掲載した「猫を抱く少女」とするつもり。蝶が飛ぶ夏の夕空、寂しさと妖しさを漂わせる少女のイメージだ。蝶は無垢のシンボル??

                            (A2、アキーラ、クレスタ紙、2012)                           (IMGP5734)


デッサン会の絵-40(13人目)

   8/18に会社の土曜日デッサン会があった。モデルさんは京都出身で、舞妓さんに似合う気品ある顔立ちの女性だった(デッサンでは気品を全く表現できなかったが・・・・・)。

                            (A2、アキーラ、クレスタ紙、2012)                           (IMGP5688)


デッサン会の絵-39(12人目)

    「向日葵の花を持つ女」のデッサンを少し修正した。 

                 向日葵の花を持つ女(A3、アキーラ、ワトソン紙、2012)                                     (IMGP5686)


デッサン会の絵-38(9人目)

  右腕を少し細くした。顔を小向美奈子風にしたことで、この絵のタイトルは「バイオリンを弾く女神」としてもよいことに気づいた。

  小向美奈子は、男にとっては、ある意味で女神(天女、観音様、・・)なのかもしれない。つまり、この絵は、

    バイオリンを弾く女→→→女神(小向美奈子)→→→ボッティチェリの春(プリマベーラ)

の連想を表出しているのかもしれない。こじ付けかもしれないが、この絵からなぜプリマベーラを連想したのかが、少し理解できた。

                  バイオリンを弾く女(A3、アキーラ、ワトソン紙、2012)                                     (IMG_3600)


デッサン会の絵-37(12人目)

   少し前になるが、7/16に市の美術連盟のデッサン会に参加した。モデルが向日葵の花を持っているポーズでした。  

                 向日葵の花を持つ女(A3、アキーラ、ワトソン紙、2012)                                     (IMGP5640)


デッサン会の絵-36(9人目)

  「バイオリンを弾く女」の顔を、小向美奈子さん風に修正した。また、目を少し細くし、鼻を少し長くした。更に、バイオリンの弦を描き入れた。

  この絵は、まだ未完成だが、他の絵を描かなければならないので、一応、終了とする。今後、何か気づいたときに修正しよう。
  
                 バイオリンを弾く女(A3、アキーラ、ワトソン紙、2012)                                     (IMGP5590)


デッサン会の絵-35(9人目)

  「バイオリンを弾く女」は、目が閉じているように見える。(実際は目は開いているのだが、顔が下向きなので、目が閉じているように見えるのだ。)そこで、目が開いているように修正した。

  この絵からボッティチェリの「春(プリマヴェーラ)」を連想した理由は、分らないが、何らかのコンセプトを表現したい。それができるまで、この絵は、未完成だ。
  
                 バイオリンを弾く女(A3、アキーラ、ワトソン紙、2012)                                     (IMGP5553)


デッサン会の絵-34(11人目)

  8/5(日)に市の美術連盟のデッサン会に参加した。モデルは昨日とは別の女性。昨日との連チャンの疲れもあって、うまくデッサンできなかった。タブローにするには大幅な修正が必要だ。
 
                          (F20号、アキーラ、クレスタ紙、2012)                                     (IMGP5510)


デッサン会の絵-33(10人目)

  右腕を細くし、黒髪にした。

  このデッサンで連想したのは、なぜか、マネの最後の大作「フェリー・ベルジュールのバー」の中心人物である女性バーテンダー。このマネの絵はとても神秘性がある。

  デッサンをタブローに仕上げる際に、このマネの絵にあやかりたいと思う。 
 
                            (A2、アキーラ、クレスタ紙、2012)                                     (IMGP5543)