FC2ブログ

カタツムリの子供たち


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.28 カタツムリの子供
  雨の日なので、例年通り、たくさんの子カタツムリがブロック塀を張這っていた。まだ。親カタツムリを見たことがない。
  ナメクジはカタツムリの進化形と言われている。確かに、カタツムリは、殻を素手でつかんで簡単に採取でるが、ナメクジは素手ではつかみにくい。

2017.6.28 カルガモ親子
  今日は、わきみず池でカルガモ親子を見た。6羽のヒナは元気だった。

(追記:新しいデジカメは絵画作品の撮影用に購入したのだ。自然観察はほどほどにして、そろそろ絵の世界に戻らないと!!!)

       IMG_9479


       IMG_9497


       IMG_9494


スポンサーサイト



6羽のヒナは、羽以外は・・・


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.27 カルガモ親子
  ひょうたん池でカルガモ親子を見た。最近は、ひょうたん池にいることが多いような気がする。ひょうたん池は人工池のため、他の池よりも明るくて、藪に囲まれておらず、へびやカラス等の外的を発見しやすからだろうか??6羽のヒナは元気だった。ヒナは、体はかなり大きくなって、もうヒヨヒヨ鳴いて6いないが、羽がまだだ。

(現在、撮影には新しいデジカメSX620HS(BK)を使用している。これまで、画像のPC取り込みは古いデジカメをカードリーダのように使って行っていたが、ようやくWIFIで画像をPCに取り込めるようになった。最初、デジカメのWIFI設定を初期化しながら、何度も試したが、「接続先の器機が見つかりませんでした」が表示されて、その都度失敗した。今朝、ふとPCの再起動を思い出し、PCを再起動したら一発で成功した。いつもは、何か異常があれば、すぐにPCを再起動していたが、今回は再起動を思いつかなかった。さすが再起動!!!!。やはり、WIFI取り込みはいい!!。USBコード接続の手間が省けてとても便利だ。)
       IMG_9433


       IMG_9440


ヒナの体はかなり大きくなったが、羽がまだ・・・


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.25 カルガモ親子
  ひょうたん池でカルガモ親子を見た。6羽のヒナは元気だった。ヒナの体はかなり大きくなったが、羽がまだ生えそろっていない。

(新しいデジカメを買った。キャノンの25倍光学ズームのSX620HS(BK)だ。2.5段の光学手振れ補正の効果を実写で確かめた。PCとのwifi接続はまだできないので、撮影したSDメモリカードを古いデジカメに入れてPCに画像を取り込んでいる状況だ。つまり、古いデジカメをカードリーダとして使用している。)

2017.6.24 蛍
  大池とわきみず池では、数は少し減ったが、相変わらず多くの蛍が飛び回っている。以前は、湧水周りを飛行していたが、今は湧水からかなり離れた林にまで飛行するようになってきた。小さいからいいが、大きかったら人魂だ。
       IMG_9405


ヒナの体は大きくなったが、羽がまだ・・・


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.23 カルガモ親子
  6羽のヒナは元気だった。ヒナの体はかなり大きくなったが、羽がまだ生えそろっていない。

       IMGP0600


初めてあずまや池で、カルガモ親子を見た


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.18 カルガモ親子
  初めてあずまや池で、カルガモ親子を見た。これで、4つの池全部で、カルガモ親子を見たことになる。6羽のヒナは、元気だった。
  (掲載画像は、6年前に買ったペンタックスのコンデジで撮影したが、ズーム倍率1.1~1.3程度なのに手振れ補正が全く効いていない。ひどい画質だ。また、最近は故障しがちだ。そこで、近々、新しいコンデジに買い替えることにした。)

2017.6.17 蛍
  大池に流入する湧水では相変わらず蛍が乱舞していた。また、わきみず池に流入する湧水では、遠さと藪で見づらいが、5、6匹の蛍を観た。

       IMGP0562


       IMGP0566


       IMGP0558


カルガモのヒナが6羽に激減、そして出生地が明らかに


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.14 カルガモ親子
  朝方、ひょうたん池の岸辺で休息しているカルガモ親子に出会ったが、ヒナは9羽から6羽に激減していた。
  見学していた7、80歳代の女性(仮にAさん)の話しを聞いてびっくりした。ヒナの出生地はこの公園ではなく、この公園から500mほど離れた水道局(浄水所)の敷地内だった。カルガモ親子は、Aさんが、水道局からこの自然公園に連れてきたらしい。
  Aさんによれば、その日、水道局の敷地から道路に出てきてうろうろしているカルガモ親子を見て、自動車等で危険と思ったAさんは、とっさに11羽のヒナを拾い集めて買い物袋に入れて保護した。親ガモは、近くいた若者に両手で捕獲してもらった。そして、その他の人の助けを借りて、疲労困憊の末に保護したカルガモ親子をこの公園に運び、あずまや池に放した・・・ということだった。
  カルガモのヒナ11羽を買い物袋に入れて保護する、・・・、普通ではなななかできないことだ。Aさんは、そのような行動に至った経緯も話してくれた。Aさんはその日の1週間ほど前にご主人を亡くしていたが、うろうろしているカルガモ親子を見て、亡きご主人が巡り合わせたのだから、どうしても助けなくてはと・・・・何故か思ったらしい。故人が、蜂や蝶になって会いに来る、という話はよく聞くが。なかなかドラマチックで感動した。

2017.6.14 蛍
  大池に流入する湧水では相変わらず蛍が乱舞していた。また、わきみず池に流入する湧水では、遠さと藪で見づらいが、5、6匹の蛍を観た。

       IMGP0523


2017春季社内美術展に搬入


  6/19(月)~6/30(金)に開催される春季社内美術展に下記似顔絵2点を搬入した。美術展終了後にモデルさん(従業員)にプレゼントする予定であるが、果たして、もらってくれるだろうか??

        ポートレート1 (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2017)          
        IMG_20170508_0001


        ポートレート2 (A4号、アキーラ、ワトソン紙、2017)         
         IMG_20170531_0002          


今日も、9羽のヒナは健在


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.11
  朝方、わきみず池の傍らの遊歩道で休息しているカルガモの親子に出会ったが、ヒナは9羽全員無事だった。
  自然観察もいいが、そろそろ、お絵描きに戻らないと・・・・・。
       IMGP0478


ヒナの数が10羽から9羽に減った


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.10
  わきみず池で休息しているカルガモの親子に出会ったが、ヒナの数が10羽から9羽に減っていた。昨日、岸に登ることができなかった発育の悪い1羽のヒナが何らかの理由で死んだのであろうか??
       IMGP0468


       IMGP0470


       IMGP0471


あずまや池から帰り道のカルガモ親子に出会った


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモの親子は、これらの池間を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、約40mほどだ。)

2017.6.9
  あずまや池から帰り道のカルガモの親子に出会った。彼らは、犬の姿に驚いて、1羽のヒナを除いて全員、岸に登って避難した。1羽のヒナは岸に登れず、水路に取り残されたが、その後、全員水路に戻ったので、10羽のヒナは全員無事だった。どうも、いつも遅れる発育の悪いヒナが1羽いるようだ。ヒナは結構大きくなったが、ヒヨヒヨ(ピヨピヨ)鳴いているし、産毛のみで羽毛が生えていないから、まだヒナと呼ぶべきだろう。果たして、10羽全員、成鳥になれるだろうか??
       IMGP0463


       IMGP0461