FC2ブログ

今年の蛍は終わった??


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、大池まで約40mほどだ。)


2018.6.25 大池に流れ込む東側の湧水地で1匹の蛍を見た

 すべての湧水地を見て回ったが、大池に流れ込む東側の湧水地(写真)で1匹の蛍が草陰で弱弱しく光っているのを見たが、他の湧水地では蛍を見なかった。

2016.6.27 すべての湧水地で蛍を見なかった

  すべての湧水地で蛍を見なかった。これで、今年の蛍は終わったのかもしれない。昨年は、7.12まで蛍を見たから、もしそうなら、今年は相当早く終わったことになる。

        大池に流れこむ東側の湧水地


スポンサーサイト



別の湧水地で多数の蛍を見た


(この自然公園には、水路で結ばれた4つの池がある。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、大池まで約40mほどだ。)


2018.6.4 別の遊水地で多数の蛍を見た

  これまで、わきみず池と大池に流れ込む湧水地で蛍を見た。わきみず池に流れ込む湧水地では相変わらず5、6匹の蛍が見えるが、いかんせん距離が遠くて迫力がない。

  大池に流れ込む湧水地は、西側、中央および東側の3つある。東側の湧水地に大勢の人がいたのでいってみた。すると、多数(10匹ほど)の蛍が至近距離で乱舞しているのが見えた。迫力がある・・・。東側の湧水地には、昨年は1匹もいなかったので、見落としていた・・・・・。
        大池に流れこむ東側の湧水地


アリスとその姉-13(デッサン会の絵(53人目)-22)


  火災の炎を1つ追加した。また、背景の空色を少し濃くした。

  これまで、中心の人物画(デッサン会の絵(53人目))はそのままにして、その背景を下記の池平メソッドに従って描いてきたが、修正すべきものが見当らないので、この絵はとりあえず完成とする。
    https://blogs.yahoo.co.jp/betterhalf20012001/folder/1603509.html
     https://blogs.yahoo.co.jp/betterhalf20012001/67980359.html

  「お月さんのうさぎがついてるのはブタさんのお腹?ですか?」という質問がよくあるので、
説明する。

  物語「不思議の国のアリス」において、白ウサギはアリスを怖がって逃げ回っていますが、
白ウサギと子豚が出会う場面は、物語の中にはありません。しかし、この絵では、
伯爵夫人が虐待でアリスに投げつけた人間の赤ちゃん(実は子豚で、後に子豚に変身)を愛おしく
抱くアリスを白ウサギが、盗み見て、お餅のような子豚を杵で突くことによって、白ウサギがアリスの身代わりに復讐する・・・という筋書きを想定した。

  絵の中の猫は、アリスの「飼い猫のダイナ」である。アリスは、ダイナがネズミも鳥も食べてしまうと他の動物たちに自慢する。また、絵の中のトカゲは、白ウサギの手下で、アリスを追い出すように命令された「トカゲのビル」だ。

  なお、この絵は童画として描いたが、このような童画をもう少し描き貯めたら、「越後湯沢全国童画展」に応募しようと思う。この美術展は、サイズがF10号に限定しているので、F10号で描いておけば、そのまま応募できる。但し、入選作品のレベルは相当高く、現状では入選は無理だ・・・。

      (F10号、アキーラ、クレスタ紙、2018)
       IMG_3110


アリスとその姉-12(デッサン会の絵(53人目)-21)


  後ろの猫の耳を長くし、火災の炎を追加した。これでほぼ完成だ。

      (F10号、アキーラ、クレスタ紙、2018)
       IMG_3088