FC2ブログ

女子会Ⅰ{女子会(ミューズの集い)-22}


  完成と思ったが、マンドリンとバイオリンが未完成だったので、バイオリンと2つのマンドリンを修正した。これで、この絵は作品として、完成とする。タイトルは「女子会Ⅰ」。

      (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2018)
       IMG_3419


スポンサーサイト



女子会Ⅰ(女子会(ミューズの集い)-21)


  マンドリン、猫、スカート、等を修正した。これで、この絵は作品として、完成とする。タイトルは「女子会Ⅰ」。

      (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2018)
       IMG_3394


女子会(ミューズの集い)-20


  猫をもう1匹追加した。また、皿も追加した。明日で完成させる。

       (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2018)
        IMG_3389   


女子会(ミューズの集い)-19


  猫が睨みつけるものがリンゴではおかしいので、ボッシュの透明球(中に男女のいる透明球)に変更した。あと、2、3日で完成させる。

       (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2018)
        IMG_3369   


女子会(ミューズの集い)-18


  追加したフルート奏者が、5年前からいる3人の女子に馴染むように努力したが、まだまだである。

       (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2018)
        IMG_3363    


女子会(ミューズの集い)-17


  フルート奏者を追加した(画像1)。元の絵(画像2)は5年前に自分が描いた絵であるが、5年前からいる3人と追加したフルート奏者がなかなか馴染まない。5年前といまでは描き方が違うのだ。馴染ませるのに苦労しそうだ。

     画像1  IMG_3350
       (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2018) 


     画像2  IMGP6359 
       (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2013)                 


女子会Ⅰ(女子会(ミューズの集い)-16)の修正


  全日本アートサロン絵画大賞展に出品する目的で、2013年制作のF20号の作品「女子会Ⅰ(女子会(ミューズの集い)-16)」(画像2)を修正することにした。もともと、この絵の背景にある鏡の意味が不明で、気になっていたので、修正することにした。

  女子会のチンドン屋を想定すると、演奏者は最小4~5人必要であることから、この絵の背景に鏡に代わって、フルートを吹く女子を追加することにした(画像1)。

     画像1  IMG_3331


     画像2  IMGP6359 
       (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2013)                 


台風24号の爪痕(2)


(この自然公園は崖線下にあるため湧水が豊富で、湧水を貯える4つの池がある。4つの池は水路で結ばれている。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、大池まで約40mほどだ。)

2018.10.2

  10月1日のブログで、台風24号のために公園内の7、8本の樹木が被害を受けていた、と記したが、今日もう一度、崖線上下の公園を歩いたところ、それどころではなく、公園全体では数えるのが嫌になるくらいの数(数十本)の樹木が被害を受けていた。とても、心の痛む風景だった。

  わきみず池の、尾びれのちぎれた鯉は、他の鯉と同じ位に元気だった。尾びれがちぎれても大きな支障はないようだ。ただ、他の鯉よりも刺激に敏感で、すぐ土管の中に隠れてしまう。わきみず池は、土砂が流入したらしく、少し浅くなっていたので、恐らく、流入した何かに尾びれをが挟まれ、ちぎれたのだろう。現在は、ちぎれた尾びれの肉が露出した状態で痛々しいが、いずれは、この部位が皮膚(鱗)で覆われて自然治癒されるのだろうか??? 今後、見守っていきたい。

ネットで検索したら、魚の切断されたヒレは、自然に再生するらしい。
    












台風24号の爪痕


(この自然公園は崖線下にあるため湧水が豊富で、湧水を貯える4つの池がある。4つの池は水路で結ばれている。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、大池まで約40mほどだ。)

2018.10.1

  台風24号は、前回の台風21号以上の大きな爪痕をこの自然公園に残した。この小さな公園の歩いた範囲でも、7、8本の木が根から倒れ、あるいは途中で折れていた。日本中なら、すごい数の木が被災したのだろう。

  また、わきみず池の鯉の1匹の尾びれが切断されていたが、どのように切断されたのか不明だ。