FC2ブログ

第29回全日本アートサロン絵画大賞展に2点入選


IMG_5961縮小
 「アリスとその姉」  (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2019)

IMG_5985縮小
 「猫カフェⅢ」  (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2019)

第29回全日本アートサロン絵画大賞展に上記「アリスとその姉」と「猫カフェⅢ」の2点を出品していたが、昨日の12月28日に同展から通知がきて、2点とも入選したことが分かった。

昨年の28回展も2点入選だったので、2年連続2点入選となった。

実は、2点入選していることは、一昨日の12月27日に同展のホームページで既に知っていた。しかし、入賞(佳作以上)かどうかは、その後に送られてくる封書に記載されているらしいので2点入選なら、1点は入賞しているかもしれないと密かに期待していた。しかし、昨日受け取った封書には2点とも単なる入選であったので、かなりがっかりした。

追伸: 今後の対策のため同展の入選確率、入賞確率を計算してみました。

前回(第28回)の審査結果を見ますと、写実表現部門の場合、応募数732点、
入選数(入賞数含まず)384点、入賞数(佳作以上)66点ですから、
1点応募した場合に、入選、入賞する確率および倍率は:

入選確率=384/732≒0.52
           入選倍率=1/0.52≒1.9
入賞確率=66/732≒0.09
           入賞倍率=1/0.09≒11.1

すなわち、入選倍率は約2倍、入賞倍率は約11倍です。同展がアマチュア対象の
コンクールと考えれば、1点応募では、どちらもかなり厳しい数字です。

次に、同展の最大応募点数は2点ですので、2点応募した場合に、2点とも入選、入賞
する確率、倍率は:

入選確率=0.52×0.52≒0.27
           入選倍率=1/0.27≒3.7
入賞確率=0.09×0.09≒0.01
           入賞倍率=1/0.01≒100.0

次に、2点応募した場合に、1点のみ入選、入賞する確率および倍率は:

入選確率=2×0.52×(1-0.52)≒0.5
           入選倍率=1/0.5≒2.0
入賞確率=2×0.09×(1-0.09)≒0.16
           入賞倍率=1/0.16≒6.3

従って、2点応募した場合に、1点または2点が入選、入賞する確率および倍率は:

入選確率=0.27+0.5≒0.77
           入選倍率=1/0.77≒1.3
入賞確率=0.01+0.16≒0.17
           入賞倍率=1/0.17≒5.9

すなわち、2点応募した場合の入選倍率は約1.3倍で、ベテランの応募者ならばほぼ入選確実な
倍率と思えます。

一方、入賞倍率は約6倍で倍率がかなり緩和されたとはいえ、入賞は審査員の好み次第ですので、
2点応募しても、入賞はかなり難しいことになります。

以上のように、同展は2点応募すれば、入選して当たり前なので、入選に価値はなく、
入賞にこそ価値があるように思えます。

以上の結果、同展に対しては、多くのベテランの応募者は、入選狙いではなく、入賞狙いだと思います。

しかし私の場合、目録を見ると、入賞作品には自分好みの(自分の画風に合った)作品がないので、
このまま応募を続けるかどうか迷うところです。

とりあえず、次回は2点応募は止めて、入選が厳しくなる1点応募にして、その1点に同展の画風に
合わせることに力を集中して入賞を狙おうと思います。
スポンサーサイト



メランコリアⅡ(小)-9

IMG_6288縮小
 (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2019)

中央女子の顔の陰影を強調した。また、猫の顔を修正した。

今後、もう少し修正して作品として完成させる予定。

メランコリアⅡ(小)-8


IMG_6244縮小
写真1 メランコリアⅡ(小)-8 (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2019)

IMGP9131縮小
写真2 メランコリアⅡ(小)-7 (A4号、アキーラ、クレスタ紙、2016)

IMG_1325縮小
写真3 メランコリアⅡ(大) (F20号、アキーラ、ワトソン紙、2017)


写真2の2016年の絵「メランコリアⅡ(小)-7」(A4号)を、来年1月のパピエ・ブラン展に出品するために修正した。

写真1は修正後の絵「メランコリアⅡ(小)-8」である。

修正では、階段に腰かけた少女をよりアリスっぽくし、虹の幅を細くした。また、皿上のロブスタと土管の穴を追加した。これらの修正は、写真3の2017年の作品「メランコリアⅡ(大)」(F20号)を参考にした。

もう少し修正して作品として完成させる予定。

孫娘の肖像1/1歳3カ月 (孫娘の肖像1-11)

IMG_20191220_6171縮小
(A4号、アキーラ+ペン、クレスタ紙、2019)

孫娘の右の手のひらの上の花の種を大きくした。

前回書いたように、花の種は吉祥天女の(如意)宝珠を象徴し、

      花の種→宝珠→打ち出の小槌→幸福

の連想で、花の種を大きくすることにより孫娘の家族の幸福をより強く祈念した。

これで、この絵はとりあえず完成とする。額装して孫娘の家族に見てもらい、要望があれば修正する。

来年1月のパピエ・ブラン展に出品後に孫娘にプレゼントする予定。

人物画研究会パピエ・ブラン展のお知らせ

私の所属する人物画研究会パピエ・ブランの会員16名によるグループ展を開催します。
会期は2020年1月16日(木)~1月21日(火)。
私は作品4点(F20号2点、A4号2点)を出品する予定です。

IMG_20191209_0002縮小
IMG_20191209_0003縮小

孫娘の肖像1-10

IMG_20191218_6129縮小
(A4号、アキーラ+ペン、クレスタ紙、2019)

孫娘の右の手のひらの上に花の種を描いた。花の種は、吉祥天女の(如意)宝珠の形を模した。宝珠は、打ち出の小づちのようなものだ。

打ち出の小槌は、大黒様も持っている。来年はネズミ年であるが、ネズミは大黒様の恩人であることから、来年は大黒様の年でもある、とも言われている。

(大国主命の「大国」はダイコクとも読めることから、大国主命は同じ音である大黒天(大黒様)と同一視されるようになった。もともとネズミは大国主命の恩人であるが、同一視の結果、ネズミは大黒様の恩人でもあることになった。)

この絵は孫娘の肖像画であるが、同時にパパ・ママの似顔絵も描いているので、家族の似顔絵でもある。

というわけで、この絵は、宝珠の形をした花の種を描くことにより、孫娘の家族の来年の幸福を念じた絵でもある。


孫娘の肖像1-9

IMG_20191209_6096縮小
デジカメ画像 (A4号、アキーラ+ペン、クレスタ紙、2019)
IMG_20191208_0003縮小
スキャナー画像 (A4号、アキーラ+ペン、クレスタ紙、2019)

2点、修正する。

1点目:  前回までにアップした画像はスキャナー画像であったが、今回からデジカメ画像に変更する。デジカメ画像のほうが実物に近いからだ。(上記画像で、上段はデジカメ画像、下段はスキャナー画像。)

2点目:  前回までのタイトルは「孫娘の似顔絵」であったが、今回から「孫娘の肖像」に変更する。今後、孫娘の肖像画を、年に数回描く予定なので、似顔絵だと軽すぎるからだ。(岸田劉生の麗子像のように・・・・。)

孫娘の似顔絵1-8

IMG_20191208_0002縮小
(A4号、アキーラ+ペン、クレスタ紙、2019)

彩色を進めた。

孫娘の似顔絵1-7

IMG_20191207_0001縮小
(A4号、アキーラ+ペン、クレスタ紙、2019)

彩色を進めた。

孫娘の似顔絵1-6

IMG_20191205_0003縮小
(A4号、アキーラ、クレスタ紙、2019)

パパ・ママを含めて彩色を進めた。

まだ、パパ・ママが実物に似ていない。手直しする予定。