FC2ブログ

カルガモ親子、鯉の切断された尾びれ、ムクドリの被害対策

(この自然公園は崖線下にあるため湧水が豊富で、湧水を貯える4つの池がある。4つの池は水路で結ばれている。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。池間の距離は、150m~200mほどだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、大池まで約40mほどだ。)

2019.5.31 カルガモ親子

  散歩途中、あずまや池で、今年初めて、カルガモ親子を見た。4つ池のうちのどの池で生まれたのかは不明であるが、他の見物者によると、ヒナは11羽生まれて、そのうち数羽が下水(暗渠)に流されて、現在は8羽とのこと。昨年(2018)はヒナは 生まれなかった。一昨年(2017)は 6月3日にカルガモ親子(ヒナは9羽)を初めて見た。    
 IMG_4560縮小
IMG_4561縮小   

2019.6.1 鯉の切断された尾びれ

  2018.10.1の台風24号の時に尾びれが切断されたわきみず池の鯉を、時々観察しているが、この日の切断面は2018.12.9のそれと変化は見られない。尾びれの再生には何年かかるのだろうか???
IMG_4563縮小
 
2019.6.1 ムクドリの被害対策

  隣家は空き家らしいが、2階の一部屋の雨戸が閉められていたため、戸袋にムクドリが巣を作ってしまった。2年連続だ。5.31にヒナが巣立って空っぽになったが、戸袋は糞まみれで相当ひどい状態だ。空っぽになっても、ムクドリの巣には、ダニや寄生虫がうようよいるので、その戸袋に面した我が家の窓は開けられない。戸袋を消毒したいが、空き家なので、勝手に敷地内に侵入できない。
IMG_4566縮小
  殺虫スプレーならば、敷地に侵入しなくても戸袋を消毒できると考えたが、2階の戸袋なので、殺虫スプレーがとどきにくい。そこで、2m程度の棒の先端に殺虫スプレー(アース製薬のハチアブマグナムジェット)をガムテープで括り付けた。紐を引っ張ると、ジェット噴射する原理だ。もっとも、ハチ、アブ用スプレーなので、ダニに効くがどうか不明だが、気休めにはなる。ムクドリを追っ払うにも有効だ。
IMG_4570縮小
       


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント