FC2ブログ

6月19日は奇妙な1日だった、あくびをする蛇、猫直列、カルガモ親子、蛍、白ユリ、等

(この自然公園は崖線下にあるため湧水が豊富で、湧水を貯える4つの池がある。4つの池は水路で結ばれている。上流(西)から下流(東)に向かって、あずまや池、わきみず池、大池、ひょうたん池、と呼ばれる。このうち、大池が最も大きい。池間の距離は、150m~200mほどだ。カルガモは、これらの池を水路で往来して生活しているようだ。ちなみに、自宅は大池に最も近く、大池まで約50mほどだ。また、水路でつながっていないが、あずまや池から道路を挟んで約350mほど西に、清水谷池がある。)

2019.6.19

  さわやかな朝の散歩途中で、水路の護岸(石垣)の上に蛇を見た。蛇は5、6回、あくびをした後、巣穴に戻っていった。蛇のあくびは初めてだったので、びっくりした。後ほどネットで調べると、蛇のあくびは、人間のような呼吸に関わるあくびではなく、顎の筋肉を伸ばす動作らしい。
IMG_4749縮小

IMG_4748縮小

IMG_4744縮小

IMG_4745縮小

IMG_4751縮小

  さわやかな夕方の散歩途中、駐車場でいつもの3匹の猫が同じ距離を置いて一直線上に寝そべっているのを見た。まるで、猫直列だ。手前から順に、駐車場の横の家の飼い猫のメロ(ブリティッシュフォールド)、野良猫のグレイ、野良猫のクロ(ベイ)。このような猫直列状態は、一定の距離を置いた仲良し状態を表しているのだろう。
IMG_4764縮小

IMG_4756縮小

  クロ(ベイ)は今は大人しいが、昔は凶暴で、他の野良猫の腹を引き裂いて、大怪我をさせたたこともあったらしい。なるほど、他の2匹の猫(メロとグレイ)はシンクロした格好で寝ているが、クロだけはひとり天上天下唯我独尊状態だ。
IMG_4759縮小

  大池の上流側の湧水路で食餌するカルガモ親子を見た。親子はたいてい水路や池にいる。湧水路にいる親子を見るのは初めてだ。ヒナが大きくなったからだろう。 
IMG_4731縮小

  夜8時頃、わきみず池に流れ込む湧水路で1匹、大池に流れ込む湧水路で2匹、大池の下流側の湧水路で3匹、合計6匹の蛍を見た。 大池の下流側の湧水路では、2匹の光る蛍が飛びながら徐々に接近し、カップリングする光景が見られた。大池の上流側の湧水路では、蛍は見られなかった。

  近所のマンションの花壇の白ユリが満開だった。
IMG_4753縮小
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント